2013年05月10日

Google App Engine 上のフレームワーク

Python と Java を比較するシリーズをここまで書いてきましたが、 具体的なコードは、フレームワークの存在でがらっと変わってしまったりします。 そこで、いくつかのフレームワークを紹介しておくことにします。

今回この記事を書くためにいろいろ検索してみたのですが、 開発が止まってしまったプロジェクトも多く、淘汰が進んでいるのかもしれません。

Python の Google App Engine 専用フレームワーク

Kay
テンプレートエンジン Jinja2 や WSGI ユーティリティの werkzeug などをまとめた Django 風フレームワークです。
Ferris
2013 年に登場した新しいフレームワークです。

Java の Google App Engine 専用フレームワーク

Slim3
Google App Engine for Java と言うと必ず名前の挙がるフレームワークです。
Objectify
フルスタックのフレームワークではなく、データアクセス部分を書きやすくするための API を提供するものです。
Gaelyk
少し毛色の変わったところで、JVM 言語 Groovy のフレームワークです。

一般的なフレームワークの使用

Python では WSGI に対応した各種のウェブアプリケーションフレームワークが Google App Engine で使われているようです。代表例は flask でしょうか。

Google App Engine for Java で動かせるフレームワークなどのリストがあります: WillItPlayInJava
参考にしてみて下さい。

ラベル:GAE
posted by mft at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 技術文書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい見事な内容で、たいしたものだ。
Posted by 櫛田 at 2013年07月22日 14:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック